検索
  • dr-teru-hirayama

オーストラリアよりDr.Bare来日


当院ではナビゲーション使用し正確に人工股関節を設置するようにしていますが、Dr.Bareは別な方法としてCT撮影し患者さん個人の臼蓋の形を型取りした立体模型を作成し手術中に臼蓋に埋め込み、メルクマールとなるピンをたて、それを基準として人工関節を設置する方法もされているそうです。また、立位と臥位での骨盤の傾きの変化を予測して手術する方法も提案されていました。

まだ現実的ではないですが、非常に刺激を受けました。


211回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナウイルス感染による医療状況

2020年3月1日より我汝会さっぽろ病院へ異動になりました。コロナ感染疑い患者さんの外来診療や入院治療はいていませんが、感染対策は3月より4月と厳しくなっています。5月になったら想定外の状況になるかもしれません。 総合病院では動線を別にしたコロナ病床以外に、一般病棟にコロナ病床を作り、コロナ感染患者の増大に備えています。このため、不急の手術は延期となり、救急患者の受け入れも制限され、通常の患者さん