検索
  • dr-teru-hirayama

三浦知良選手の偉業


Jリーグ創世記に活躍した三浦知良選手の新たな偉業。

横浜FCのFW三浦知良選手は50歳の誕生日にJ2開幕戦を迎え,開始から後半20分まで2トップの一角でプレーしました。

チームドクターによると膝はMRI(磁気共鳴画像装置)検査でもほぼ損傷・変性なし。さらに筋肉の質、量も2015年にブラジルの名門コリンチャンスの最新鋭機器でボディー検査を受けた時は筋肉量と質はブラジル人選手と遜色なかったそうです。

サッカーという激しいスポーツでこれだけ長く現役選手として活躍できた理由には、身体をストイックに管理してきた結果だと思います。

ご本人は「先のことはあまり考えられなくて。明日の練習を一生懸命やって、そういう毎日毎日の積み重ねしかない。」とおっしゃっていますが、本当にサッカーに真摯に取り組んでいることが伝わりますね。


50回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナウイルス感染による医療状況

2020年3月1日より我汝会さっぽろ病院へ異動になりました。コロナ感染疑い患者さんの外来診療や入院治療はいていませんが、感染対策は3月より4月と厳しくなっています。5月になったら想定外の状況になるかもしれません。 総合病院では動線を別にしたコロナ病床以外に、一般病棟にコロナ病床を作り、コロナ感染患者の増大に備えています。このため、不急の手術は延期となり、救急患者の受け入れも制限され、通常の患者さん