検索
  • dr-teru-hirayama

巣立ち


最近、「カラスの教科書」(松原始 著)を読んだばかりだったため、街中でカラスを目を向ける習慣がついていた。

通勤途中にカラスが電線に仲良く2羽とまっており、夫婦だなと感じた(日中は夫婦で縄張りを守り、夜は移動するするそうです)。近くの電柱に目を移すと、小枝で囲われた巣が見えた。

危険だ!  子育て中のカラスは威嚇してくるのかと思ったが、鳴かれもしないので不思議だった。

翌朝通勤途中の私の頭上高く、4羽のカラスが並んで飛んで行た。家族でなければ3羽以上で仲良く飛んでいることは日中ではないはずだ。

振り返ってよく見ると、小枝で覆われた巣は完全になくなっており、そういえば5−6月が巣立ちの季節だと本に書いてあったのを思い出し、子供カラスが巣立ちしていたので巣を見上げても威嚇されなかったことに初めて気づいた。


43回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナウイルス感染による医療状況

2020年3月1日より我汝会さっぽろ病院へ異動になりました。コロナ感染疑い患者さんの外来診療や入院治療はいていませんが、感染対策は3月より4月と厳しくなっています。5月になったら想定外の状況になるかもしれません。 総合病院では動線を別にしたコロナ病床以外に、一般病棟にコロナ病床を作り、コロナ感染患者の増大に備えています。このため、不急の手術は延期となり、救急患者の受け入れも制限され、通常の患者さん