検索
  • dr-teru-hirayama

眠っている間に呼吸が止まる


『睡眠時無呼吸症候群』は断続的に呼吸が止まるため、睡眠の質が低下してしまいきちんと睡眠を取っても日中に眠気がきて、交通事故などを引き起こします。呼吸が止まる「無呼吸」は、ノンレム睡眠の最中によく起こります。すると眠りは不規則なサイクルでレム睡眠(浅い眠り)へと変わってしまうため、脳は休むことができず日中の眠気を誘います。

先日、蛇行運転を指摘されてから睡眠時無呼吸症候群だったことが判明した患者さんを手術(両側同日人工股関節)しました。

この方は80kg台から60kg台に減量して改善したそうですが、術後数時間は呼吸状態に注意が必要でした。


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナウイルス感染による医療状況

2020年3月1日より我汝会さっぽろ病院へ異動になりました。コロナ感染疑い患者さんの外来診療や入院治療はいていませんが、感染対策は3月より4月と厳しくなっています。5月になったら想定外の状況になるかもしれません。 総合病院では動線を別にしたコロナ病床以外に、一般病棟にコロナ病床を作り、コロナ感染患者の増大に備えています。このため、不急の手術は延期となり、救急患者の受け入れも制限され、通常の患者さん