検索
  • dr-teru-hirayama

東アジアカップ第2戦は引き分け


韓国戦では先発5人を入れ替えて臨んだ。本田選手の次を担う二人、柴崎選手と宇佐美選手のコンビネーションをみてみたかった。後半33分に宇佐美選手が投入されて実現したが、15分と短い時間でした。

また、2試合連続で出場したのはディフェンスの3人と守備的MFの山口選手のみでした。彼らはしかもフル出場をしているので守備の安定性は重視しているようですね。

引き分けですが、第1戦に引き続き守勢に回る時間の多かった結果に、ハリルホジッチ監督は「今は満足すべきだ」「守備面では前回よりいい試合をした」とお話している。韓国戦でも勝ちに執着するのではなく、新戦力の発掘と勝利のバランスをとる戦いをしたようだ。

サッカーの代表監督は結果がでなければクビを切られる厳しい環境だが、この大会では評価されないだろうから3戦目の中国戦でも新戦力の発掘に力を注いで欲しい。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナウイルス感染による医療状況

2020年3月1日より我汝会さっぽろ病院へ異動になりました。コロナ感染疑い患者さんの外来診療や入院治療はいていませんが、感染対策は3月より4月と厳しくなっています。5月になったら想定外の状況になるかもしれません。 総合病院では動線を別にしたコロナ病床以外に、一般病棟にコロナ病床を作り、コロナ感染患者の増大に備えています。このため、不急の手術は延期となり、救急患者の受け入れも制限され、通常の患者さん