検索
  • dr-teru-hirayama

東アジアカップ第1戦


ハリルホジッチJAPANが北朝鮮に敗れた。監督就任後、初の敗戦だ。

序盤に1点先取したが、その後は徐々に中盤のこぼれ球を拾われるようになり、相手方のペースとなっていった。かなり蒸し暑い気候で選手の足が止まり出し、ハリルホジッチ監督も水補給の時間が取れるように審判に再三要求していたが認められなかった。

7日間で3試合と強行スケジュールのためか、新たな戦力を見極めるためか、一部主力を温存していたが、この敗戦で次の韓国戦は絶対勝たなければならなくなったと言える。

敗戦は残念だが、次戦でハリルホジッチ監督の頭の中の国内組最強メンバーが判明する(今回海外組は招集されていないため)。

8月5日を楽しみにしよう!


4回の閲覧